プラセンタサプリ効果ランキング!高品質なのはどれ?

プラセンタサプリ効果をランキング!高品質なのはどれ?!

プラセンタと体臭の関係

 

ひとつの噂として、プラセンタサプリメントやプラセンタドリンクを飲むと、体臭が獣臭くなるという話があります。これはおそらく、市販のプラセンタ商品の原料が、羊や豚、馬といった哺乳類の胎盤から有効成分を抽出しているからだと思われます。

 

だからと言って実際にプラセンタによって体臭が変わることはありません。体臭が獣臭くなるどころか、強くなるということもありませんので、全くの誤解です。そもそも体臭というのは、汗や皮脂が分泌された後に、皮膚に存在する常在菌によって酸化・分解が行われた場合に一緒に作られる揮発性のガスが原因になります。

 

ですから、プラセンタの成分によって臭いが出るわけではないのです。ただ、プラセンタを服用することによって基礎代謝向上作用や血行促進作用が発揮され、発汗しやすくなる可能性があるため、それで今まで気にならなかった人も体臭が気になった、ということは考えられます。

 

しかし逆に、プラセンタによって、体臭が改善されたという例もあるそうです。男性は加齢にしたがって代謝機能が落ち、汗に含まれる乳酸が増加して臭いを発生させやすくなっていきます。また、肝臓の解毒作用が弱まってくると、悪臭の元になっている成分の分解が追いつかなくて体臭が気になってしまう場合もあります。

 

こうしたケースでは、プラセンタの働きによって代謝がアップして加齢臭の原因となる汗に含まれる乳酸菌を減少させたり、「強肝・解毒作用」によって肝機能を向上させることで体臭を解消する作用が出ていると考えられます。

 

プラセンタの効果は?

 

プラセンタは新しい美容成分として話題に上ることがずいぶんと増えてきました。しかしながら、名前は知っているけれども、その効果については詳しく知らないという方も多いと思います。今回は、特に医療用で使われるプラセンタの効果と活用方法についてご紹介します。

 

医療用ではプラセンタは注射によって投与されることが多いです。厚生労働省から認可が出ている医療用の医薬品としては、ラエンネックとメルスモンの2製剤があります。これらは肝障害、乳汁分泌不全や更年期障害などの治療改善薬として使用されています。

 

この場合には保険が適用されるのですが、最近話題になっているような美容関係の場合は保険適用外となりますので注意しましょう。さて、その効果ですが、健康に関する効能としては以下のようなものがあります。

 

更年期障害、自律神経失調症、生理不順、アレルギー疾患、脳卒中後の神経麻痺、月経困難症、肝機能障害、胃十二指腸潰瘍、疲れ、肩こり、腰痛、筋肉痛、関節痛など。また、美容面でも以下のように気になるところに効果を発揮します。

 

シミ、くすみ、肌荒れ、乾燥肌、冷え性、美白効果、活性酵素除去作用、肌のターンオーバーの改善、基礎代謝の向上、ホルモンバランスの改善など。

 

上記を見ただけでも非常に様々な効果のあるプラセンタ注射ですが、射薬での治療を行う場合は、週に1、2回〜2週間に1回程度のペースで受けていくことになります。一回で聞けば良いのですが、それでは即効性を感じることはできないことが多いので、ある程度継続的に治療を受けていく必要があります。

 

プラセンタ原液の選び方

 

「プラセンタ原液」というワードをご存知ですか?
これは、豚や馬などの動物の胎盤から有効成分を抽出したプラセンタエキスそのままを指しているものです。プラセンタ商品は、このプラセンタ原液を加工して基本的には作られています。

 

プラセンタ商品を見てみても、実はこのプラセンタエキスの濃度や配合量が記載されていない場合が多く、情報が乏しいことがほとんどです。プラセンタの成分量の表記について統一された基準がないことが混乱に一層拍車をかけており、プラセンタをどのくらい使っているかがわからないのです。

 

たとえば、「プラセンタエキス〜mg配合」という記載があったとしても、これだけではそのエキスの濃度についてはちゃんとわかりません。表現は様々で、「原液100%」「濃度100%」「純度100%」などと書いてありますが、これらに違いはありません。

 

ただ、加工する段階で水や添加物などで薄められている場合があります。それに原液100%のエキスが少量だけ入っていてもこのような表記になることもあります。

 

ややこしいことに、「純液」と表記されているものもあり、これは「酵素分解法」「凍結酵素抽出法」といった水を一切使わない方法によって抽出した原液を指す言葉です。成分濃度が高いのが特徴ではありますが、コストが高いために価格も高くなります。

 

「原液」という言葉があったとしても効果が高いと言えないことが伝わってきましたでしょうか?「高濃度」という化粧品や健康食品も多いのですが、使用されているプラセンタの原液を胎盤から抽出する方法によって、有効成分が損なわれているケースもあるからです。

 

ですから、選ぶ際のポイントとしては、プラセンタに含まれる有効成分をできるだけ損なうことなく抽出できる方法で抽出したプラセンタ原液、かつ水などで薄めていない状態のもの、というものが探せればベストでしょう。

 

ですから、より良い効果をプラセンタ原液に求めるのであれば、成分や原料のほか、製造過程についても知識をもって判断する必要があります。